SOTOKOTO Report Vol.13 窓、見落としていませんか?

窓、見落としていませんか?

"窓がえ"が快さと省エネの鍵でした。

 これからは、エネルギーを大切にする暮らしへ。それは毎日、使うエネルギーに最も影響している“窓”にこだわる暮らしともいえます。

 電気のない昔の日本の住宅文化は、夏には戸を開け放って風を入れ、スダレなどで日除けをしたり、冬には日除けを片付けて夕方には雨戸を閉め切って保温に努めるなど、季節ごとに開口部の「窓」を替え、暑さ・寒さ、明るさ、風の出し入れをコントロールしていました。

 じつは夏の日射から室内に入る熱の約7割は窓から、冬は室内の熱の約5割が窓から逃げます。“窓がえ”は理に適う知恵と工夫だったのです。

「でも、高いんじゃない?」
替えても10万円台から、加えるなら5万円台から。

 YKK APの「スマートカバー工法」は10万円台から断熱窓に交換可能です。壁を壊すことがなく、窓の内外観も最新モードにリフレッシュ。また、今ある窓に内窓を付けて二重窓にする「プラマードU」は5万円台から取り付けられます。

「新築のうちの窓はもう手遅れだ……」
窓だけ性能アップできるんです。

 新築、あるいはリフォームを済まされたお宅でも“窓がえ”ができます。YKK APの「スマートカバー工法」は、窓をまるごと断熱窓に替えるためのエコリフォーム商品。今ある外窓を取り外して、機能も内外観も最新の窓に一新します。

「えっ? 工事が大変なんでしょう?」
いいえ、1時間ほどでOK。

 窓メーカー、YKK APならではの最新リフォームは、壁を壊さないのが特徴。既存の窓はそのままで、内窓を付ける二重窓へのリフォームは1時間ほどで、また外窓交換も2時間程度からできます。工事の騒音も少なく“窓がえ”が完了します。

そうだ、"窓がえ"しよう!

いやな結露も激減。

冬に窓が結露するのは、窓が室内でいちばん冷たい箇所だから。窓やカーテンのグッショリを放っておくと、カビ、ダニ、健康被害の原因に。断熱窓は結露対策にも有効です。

夏涼しくて、冬暖かく。

夏の日射の遮蔽と冬の断熱の両方を実現するのが「Low-E複層ガラス+樹脂窓」。特殊な2枚ガラスの空気層。樹脂性フレームが熱伝導を抑えます。

開け閉めがラクに!

窓がえしてよく聞かれるのが、「開け閉めが軽い」という喜びの声。新機構「戸先錠」は開け閉めと同時に施錠。窓はどんどん進化しています。

開く窓への交換で、風が気持ちいい!

開かないFix窓で風が通らず臭いがこもり困っていました。開閉できる窓がえで室内がさわやかに。

窓辺が家族の憩いの場に!

冬は浴室や脱衣所、洗面所がヒエヒエ。トイレや廊下もヒヤッ。心臓に負担がかかるヒートショックは要注意です。そんな不快な室内の下降冷気、コールドドラフトも断熱窓が解決。窓辺はぐっと居心地がよくなり、家族が集まる団欒の場所に。

Before
After
断熱窓に替えるだけで、エネルギーロスが少なく、家族が健やかに暮らせる“スマートな家”に近づきます。
「Low-E複層ガラス」と「樹脂」フレームでW断熱。
living box

『MADOショップ』
「風が入らない」「西日がまぶしい」「赤ちゃんがいるから生活音を漏らしたくない」「光熱費を抑えたい」など、窓に関するありとあらゆるお悩みに無料で対応するショップ。ご自宅の窓の状態を測定機器を使って計る窓診断や無理のないリフォームプランをご提案。
www.madoshop.jp

窓リフォームについて、何でも聞ける場所があるんです!

『MADOショップ』へ行こう!

 風や光、自然力を活用して熱と上手につきあうスマートハウスへの第一歩は、“窓がえ”からです。
 住まいの新築やリフォームは家族史における一大イベントですが、窓の性能を高めて家全体の高断熱化を図る窓リフォームなら、最新の工法で短時間でできます。
 例えば出産やお子様の受験時期に合わせたライフプラン、また地域の気候風土、住宅のタイプ、ご予算などの条件によっても窓のリフォームの選択肢はさまざまあります。そんな窓リフォームを相談できるお店があったらどうですか。
 それぞれお住まいの地域には、窓のエキスパートがいる『MADOショップ』があります。全国約700店舗ある『MADOショップ』では、新築時の窓のアドバイスから窓リフォームまで気軽にご相談に応じています。住まいの快適性をアップさせる窓リフォームには、窓診断やご提案のご希望にも無料サービスで応えています。
『MADOショップ』はママ友同士や家族で気軽に立ち寄れる街のスポットです。“窓がえ”から、家が、暮らし方が、日々の気分が変わるエコスマートライフをぜひ店頭で体感してみて下さい。もっと新たな発見があるはずです。お近くの『MADOショップ』はこちら。

『MADOショップ』での窓リフォームのフローチャート

«  | コラム一覧へ |  »

ページトップへ