ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

sotokoto interview

KEYWORDSで絞り込む

vol.122 海洋学者 シルビア・A・アール

陸上動物である私たちは、海洋資源は無尽蔵にあると信じていた。
ところが1950年代以降、テクノロジーの発達で状況が一変した。
どんなに深くても、どんなに遠隔地でも人に捕獲される海洋生物。
今や、大型魚の約90%が失われたが、海洋の保護は陸上に比べて進まない。
海洋生態系調査における第一人者として、
70歳を超えてもなお精力的に活動するシルビア・アールさんに、
海洋で今、起きていることを聞いた。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.