ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

sotokoto interview

KEYWORDSで絞り込む

vol.131 内山 節

1950年東京都生まれ。1970年代から東京と群馬県・上野村を往復して暮らしながら、存在論、労働存在論、自然哲学、時間存在論を軸に哲学の研究をすすめる。立教大学大学院教授、NPO法人「森づくりフォーラム」代表理事。『共同体の基礎理論』(農文協)、『怯えの時代』(新潮選書)、『清浄なる精神』(信濃毎日新聞社)など著書多数。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.