ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

sotokoto interview

KEYWORDSで絞り込む

vol.123 医師、WHO南東アジア地域事務所医務官 スマナ・バルア

私たちが健やかに、安心して暮らせる基盤となるべき“医療”が今、さまざまな問題に直面している。
どんな医師を目指したらいいのか? ロールモデルが見つからず迷っている日本の若い医者の卵たちが、その話に熱心に耳を傾けるという、バングラデシュ出身の医師がいる。
スマナ・バルアさん。多くの人は、親しみを込めて彼を「バブさん」と呼ぶ。
「金持ちより心持ちになろう」と説くバブさんの話には、「人」が「人」に対して行う行為という、医療の原点があった。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.