ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

sotokoto interview

KEYWORDSで絞り込む

次へ »

vol.202 平塚千穂子×佐藤浩章

ひらつか・ちほこ●早稲田大学教育学部卒業。飲食店勤務などを経て、名画座映画館『早稲田松竹』のスタッフに。2001年、『City Lights』を設立。03年、第37回NHK障がい福祉優秀賞を受賞。14年、上映スペース『Art space Chupki』オープン。16年9月にオープンした『CINEMA Chupki TABATA』で代表を務める。
さとう・ひろあき●千葉県市川市出身。2014年「シティライツ映画祭」にボランティアとして、15年、実行委員として参加。『Art space Chupki』運営にたずさわった後、16年、『CINEMA Chupki TABATA』支配人に就任。

vol.201 オカザキ恭和×長 加誉×曽我高明

左/おかざき・やすか●身体表現家、コンテンポラリーダンサー。2010年から東京都墨田区にあるアトリエ兼アートスペース『yahiro8』を拠点に活動する。ヨガ指導も行い、葛飾北斎の『北斎漫画』から着想した「北斎ヨガ」を考案。中/ちょう・かよ●2009~12年に東京都と『東京都歴史文化財団』、『向島学会』の共催で行われたアートプロジェクト「墨東まち見世」に毎年、スタッフやアーティストとして参加。2010年、「39アート in 向島」を立ち上げ、実行委員長に。右/そが・たかあき●1958年生まれ。97年、3代目を務めるゴム加工製造工場をギャラリーとして改築し、ギャラリー『現代美術製作所』をオープン、2015年閉廊。自身もアーティストとして活動。『向島学会』副理事長。

vol.200 デコート・豊崎アリサ

デコート・トヨサキ・アリサ●ジャーナリスト、写真家。アフリカの遊牧民族を支援する団体『サハラ・エリキ協会』主宰。父はフランス人、母は日本人。現在はニジェールのウラン鉱山の実態なども追う。今後の『Caravan to the Future』上映情報などは『サハラ・エリキ協会』のホームページで。

vol.199 下中菜穂・丹羽朋子・中植きさら

しもなか・なほ/にわ・ともこ/なかうえ・きさら●それぞれに異なる専門をもつ三人だからこそ、おもしろい発想が生み出される。丹羽朋子さん(左)は文化人類学の研究者で、『人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター』所属。中国のフォークアートや生活文化が専門。下中菜穂さん(中)は造形作家で、江戸時代の紋切り遊びを研究して現代の暮らしで楽しむ活動を行う。出版社『エクスプランテ』を営む。中植きさらさん(右)は、映画館『ポレポレ東中野』などを運営する『ポレポレタイムス社』勤務。本橋成一監督の『アレクセイと泉』などの映画製作・配給にも関わる。

vol.198 岩槻邦男

いわつき・くにお●1934年兵庫県生まれ。57年京都大学卒業、65年同大学院博士課程修了。京都大学教授、東京大学教授、『東京大学大学院理学系研究科附属植物園』園長、『兵庫県立 人と自然の博物館』館長などを歴任。植物分類学の伝統的手法をベースに、分子生物学など幅広い分野の技術を導入し、生物多様性の統合的な解明に取り組む。主な著書に『生命系-生物多様性の新しい考え』(岩波書店)、『生物多様性のいまを語る』(研成社)などがある。2016年、第24回コスモス国際賞を受賞。

vol.197 尾形 航

おがた・わたる●1988年山形県生まれ。2011年東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科卒業。『鏡畳店』に畳職人・プロダクトデザイナーとして勤務。13年山形エクセレントデザイン奨励賞、16年第11回ロハスデザインアワード・モノ部門大賞など受賞。

vol.196 田中元子

たなか・もとこ(右)●1975年、茨城県生まれ。独学で建築を学び、2004年、大西正紀氏と共にクリエイティブ・ユニット『mosaki』を共同設立。建築やまち、都市などと一般の人々をつなぐことを探求し、国内外でメディアやプロジェクトづくり、イベントの企画などを行う。15年より「パーソナル屋台が世界を変える」を開始。16年9月、『グランドレベル』を株式会社として設立。

vol.195 藤岡慎二

ふじおか・しんじ●1975年東京都生まれ。『株式会社Prima Pinguino』代表取締役。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクトをはじめ、行政・自治体と協働し、教育を通じた地域活性化に取り組んでいる。2017年より大学で教鞭を取り始める予定。同年春から「ソーシャルマネジメントカレッジ」を開講予定。

vol.194 サプール+茶野邦雄

さぷーる●フランス語で「おしゃれで優雅な紳士協会」という意味をもつ彼ら「サプール」は、自国の大統領の前でパフォーマンスを行うほどの影響力をもつ、コンゴ共和国の“街の名士”たち。
ちゃの・くにお●1959年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時にフリーランスのカメラマンとして活動開始。1984年、当時最年少で日本広告写真協会(APA)の正会員に推挙される。1986年に渡米し、『NEW YORK YOMIURI PRESS』勤務。1991年より沖縄在住、広告写真とサプールの撮影をライフワークとしている。書籍版『THE SAPEUR -コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン』(オークラ出版)、Kindle版『平和をまとった紳士たち』が好評発売中。

vol.193 平井真央

ひらい・まお●『風とロック』代表。慶應義塾大学卒業。2004年『博報堂』に入社、マーケティングに従事。雑誌局を経て11年に退社。独立後、多くの広告の企画・プロデュースを手がける。13年、妹・平井理央のマネジメントオフィス『dejaneiro』を設立、代表。16年4月に本放送を開始した『渋谷のラジオ』総合プロデューサーを務める。

次へ »

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.