ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

sotokoto interview

だれでも映画館で映画を楽しめる。日本初のユニバーサルシアターをつくりました!/『CINEMA Chupki TABATA』代表×支配人 平塚千穂子×佐藤浩章 Chihoko Hiratsuka × Hiroaki Sato/映画館がない街となっていた東京都北区に、昨年秋、映画館『CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)』がオープンした。それは日本初のユニバーサルシアター。だれでも映画を楽しめる映画館だ。どんな思いが込められた映画館なのか、代表の平塚千穂子さんと支配人の佐藤浩章さんに話を聞いた。 photographs by Hiroshi Ikeda text by Sumika Hayakawa

だれもが映画を楽しめる場所をつくる。

東京都北区東田端にある映画館『CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)』は、視覚や聴覚に障がいがある人、車いすを使う人、小さな子どもがいる子育て中のママやパパなど、映画館へ行っても映画を十分に楽しめない状況におかれている人も映画が楽しめる、日本初のユニバーサルシアター。この映画館の代表である平塚千穂子さんと支配人の佐藤浩章さんに、開館の背景などを聞いた。
photo
森をイメージした劇場内。通常の席数は20。もう少し増やすことも考えたが、だれでもくつろいで観られることを優先した。音響にはこだわり、前面、側面、後面、天井まで配置されたスピーカーで360度、音に包まれる。

「ユニバーサルシアター」として、どんな設備や特徴があるのでしょうか。

平塚千穂子(以下平塚): 視覚障がい者に向けた、映画の場面を逐次解説する「イヤホン音声ガイド」や、聴覚障がい者に向けた字幕(日本映画にもつく)、車いすのまま映画を観賞できるスペース、小さなお子さんと映画を観ることができる防音タイプの親子鑑賞室などを用意しています。

佐藤浩章(以下佐藤): 補助席を入れて最大25席と小規模ですが、音響にはこだわっています。アニメ『ガールズ&パンツァー』などの音響監督で、世界的にも有名な岩浪美和いわなみよしかずさんに相談に乗っていただき、360度、音に包み込まれるような音響空間「フォレストサウンド」をつくり上げることができました。

photo
上/視覚障害のある女性(右から2人め)とヘルパーさん。女性は月に一度は観に来ているという。下/近所の子どもたちも観に来る。

どんな経緯で開館したのでしょうか。

平塚: もともと私は、『早稲田松竹』という名画座映画館で働いていました。いろんなイベントにも関わりたいと思っていたときに、視覚障がい者にサイレント映画であるチャップリンの『街の灯』を楽しんでもらおうというアイデアが出たんです。結局実現しなかったんですが、そのとき視覚障がい者と交流できたことで、彼らが映画を楽しむために必要な音声ガイドが、2001年当時の日本ではほとんど普及していないことがわかりました。そこで映画館の仕事のかたわら、音声ガイドの研究、作製を目的にしたボランティア団体『City Lights(シティライツ)』を立ち上げました。シティライツでは、2008年から毎年、「シティライツ映画祭」という様々な障がいがある方にも楽しんでもらえるバリアフリー映画祭を、『江戸東京博物館』のホールなどで開催していましたが、回を重ねるうち、私たちが理想とする形での上映を常設で行える映画館が欲しいという思いが膨らんでいきました。14年からは場所を借り、バリアフリー上映を行う『Art space Chupki(アートスペース・チュプキ)』を運営していたのですが、その場所では興行場法により月4回しか営業できず、オーナー側の事情もあり16年2月には閉館せざるを得なくなりました。

佐藤: 僕は、シティライツ映画祭の第6回にボランティアとして、第7回に実行委員として参加しました。もともと映画関係の仕事をしたくて、バリアフリー映画祭と聞いたときに、すぐに関わってみたいと思ったんです。常設の映画館をつくりたいという思いにも大賛成で、運営の中心メンバーとなって動くことになりました。

全文は本誌最新号(2017年6月号)に掲載!

平塚千穂子 Chihoko Hiratsuka

平塚千穂子 Chihoko Hiratsuka
ひらつか・ちほこ●早稲田大学教育学部卒業。飲食店勤務などを経て、名画座映画館『早稲田松竹』のスタッフに。2001年、『City Lights』を設立。03年、第37回NHK障がい福祉優秀賞を受賞。14年、上映スペース『Art space Chupki』オープン。16年9月にオープンした『CINEMA Chupki TABATA』で代表を務める。

佐藤浩章 Hiroaki Sato

佐藤浩章 Hiroaki Sato
さとう・ひろあき●千葉県市川市出身。2014年「シティライツ映画祭」にボランティアとして、15年、実行委員として参加。『Art space Chupki』運営にたずさわった後、16年、『CINEMA Chupki TABATA』支配人に就任。http://chupki.jpn.org

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.