ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.141 さらに単離精製を進める

細胞の中に存在するタンパク質を研究するためには、そのタンパク質だけを混じりけなしに、純化する必要がある。混じり物がある状態だと、どのタンパク質がどんな作用を発揮するか見極められないからである。この純化作業を分子の「単離精製」という。前回は、これをミックスナッツの中から、カシューナッツだけを選り分けて集めるようなもの、と表現した。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.