ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.96 老化とは何か

前回触れた早老症の問題をさらに掘り下げて考えてみたい。老化は年齢を重ねるとともに徐々に起こる複雑で、多面的な現象である。顔にしわができ、皮膚がたるみ、猫背になっていく。外見上の変化だけでなく、代謝回転が遅くなり、循環不全が起こり、骨密度が低下する。しかもこれらの変化は時間の関数として推移するので、観察や解析も簡単なことではない。個人差も大きい。

vol.95 早老症の解明

ウェルナー症候群、あるいはコケイン症候群と呼ばれる不思議な病気がある。奇妙な病名は、それぞれ発見者の名前に由来する。老化現象が極端に早く進んでしまう早老症である。まだ若いうちから(症例によっては子どものうちから)、老人特有の見かけや症状が出る。皮膚に皺が寄り、白髪になり、白内障や骨粗鬆症を呈する。

vol.94 ハツカネズミと人間

引き続き、呼吸というものについて考えてみたい。呼吸とは生物個体にとっては、息を吸う・吐く、という行為(特に陸上の動物と鳥類にとっては肺の運動)であるが、細胞レベルに降りると、呼吸とはエネルギー生産、つまり栄養物を酸素と結びつけ、その酸化反応からエネルギーを得る、という行為である。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.