ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.155 探査針はGPS

さて、いよいよ遺伝子の隠れ家を突き止めるときがきた。少し前の回に書いた千枚漬けの話を思い出していただけるだろうか。直径10センチほどの白いナイロン製の薄い円盤のことを千枚漬けに例えた。わたしたちはこの円盤のことを通常、フィルター、もしくはメンブレンと呼んでいる。

vol.154 アイソトープのラベル

前回は「宝探し」の準備の手順を説明した。今回はその続き。DNAライブラリーに由来するコロニーが固定された“千枚漬け”(円形のナイロンフィルター)を入れたジップロック・パックに、宝物を探査するためのプローブ(短い一本鎖DNA)を混ぜ、パックの入り口をシールして密封する。

vol.152 コロニーを転写した
フィルターを作る

これまでの回で、細胞で発現している遺伝子群、つまりメッセンジャーRNA(mRNA)をそのままDNAに写し取る方法、すなわちcDNAライブラリーを作る原理について細かいことをいろいろ説明してきた。ここから先は、いかにしてそのライブラリー(図書館)から、目的の書物を探し出すかについて考えてみよう。

vol.140 ミックスナッツを選り分けること

GP2とは、グリコプロテイン2型、つまり糖タンパク質というものの略称である。生命科学の世界ではよくこのような短縮形の符牒が出てくる。ILとかESとかHIVとか……。専門家同士はこれでわかるけれど、知らない人が聞いたら、まるで何のことやら皆目わからない。

vol.134 細胞の分化と初期化

われわれ多細胞生物の細胞は──それはヒトの場合、総計数十兆個になると推定されるが──もともと精子と卵子が合体してできたたったひとつの受精卵細胞に由来する。受精卵細胞が分裂を繰り返し、2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024と増えていく過程で、徐々に変化を遂げていく。

vol.131 発がんとストレスの奇妙な関係

私たちの身体に備わっている免疫システムは、身体の中に発生した異常な細胞(その典型例はがん細胞である)を初期のうちに発見し、除去してくれる。私たちの身体は数十兆個の細胞からなっており、そのほとんどの細胞が常に更新されている。つまり古くなった細胞が死に、あるいは積極的に壊され、新たにできた細胞に入れ替わる。

vol.113 パラーディとトポロジーの科学

生物学は、ある意味では建築学と似ているかもしれない。私は何人かの建築家と話したことがあるが、彼らの持っている思考方法は、私たち生物学者が持っている思考方法と類似点があるのではないかと感じることがある。それはトポロジー的な思考ということである。

vol.109 Y染色体

たとえば膵臓の組織を顕微鏡で覗くと花びら状に整列した細胞が見える。細胞の内部で一番目立つのは核と呼ばれる球形の区画だ。普通の顕微鏡、つまりレーウェンフックが作り出した顕微鏡に始まる光学顕微鏡では、残念ながら核の中に何があるかまでは見えない。核の中にはDNAが折り畳まれて格納されているのだが、顕微鏡で覗いただけでは、核の中は明るく白っぽく見えるだけである。

vol.102 ロバート・フックとレーウェンフック

17世紀は不思議な時代だった。それはある意味で、覚醒であり、パラダイムシフトだった。科学革命の1世紀だった。だから17世紀は必然の時代だった、というべきなのかもしれない。パラダイムシフトをもっとも端的に象徴するものはレンズである。光を曲げ、熱を集めるレンズ。

vol.75 タンパク質からDNAへ

細胞の中で、あるいは細胞と細胞のあいだで、実際に生命活動を行っている分子的な実体は、タンパク質である。血糖値をコントロールするホルモンであるインシュリンも、外敵と闘う抗体も、代謝反応をつかさどる酵素群も、あるいは細胞のクッションとして働くコラーゲンも、すべて、それぞれ役割と形の異なるタンパク質である。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.