ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.73 生きざまの多様性

上野にある国立科学博物館に出かけた。現在開催中の大哺乳類展のナイトツアーに参加するためである。私たちヒトはもちろん哺乳類だが、もっとも早く地球上に現れた哺乳類は小さなネズミのような動物だったと推定されている。いまから2億年以上も前のこと。彼らは、恐竜が我がもの顔に跋扈していたジュラ紀、白亜紀にも生きのび、恐竜に見つからないよう森の木陰に身を潜め、できるだけ目立たないよう夜活動していた。

vol.72 ソメイヨシノ

桜の季節である。一斉に咲いた花は散り、まもなく青い若葉に覆われる。よく見ると街路樹の桜にも小さな赤いサクランボが実っていることに気づく。子どもの頃、私はこの堅くて小さなサクランボをたくさん集めた。そして土に植え、水をやり、芽が出るのを待った。しかしどんなに待っても桜の芽が出ることはなかった。その理由を知ったのはずっとあとになってからのことである。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.