ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.155 探査針はGPS

さて、いよいよ遺伝子の隠れ家を突き止めるときがきた。少し前の回に書いた千枚漬けの話を思い出していただけるだろうか。直径10センチほどの白いナイロン製の薄い円盤のことを千枚漬けに例えた。わたしたちはこの円盤のことを通常、フィルター、もしくはメンブレンと呼んでいる。

vol.154 アイソトープのラベル

前回は「宝探し」の準備の手順を説明した。今回はその続き。DNAライブラリーに由来するコロニーが固定された“千枚漬け”(円形のナイロンフィルター)を入れたジップロック・パックに、宝物を探査するためのプローブ(短い一本鎖DNA)を混ぜ、パックの入り口をシールして密封する。

vol.153 ナイロンフィルターを
漬け込む

それは一見、千枚漬けの作業工程に似ている。私は京都で学生生活を送ったので、その様子を見たことがあったのだ。京都名産の京野菜である聖護院かぶの皮をむき、薄くそぎ切りにする。直径10センチあまり。それは円形のナイロンフィルターにそっくりだ。それを樽の中に一枚一枚ていねいに並べて敷き込んでいく。

vol.152 コロニーを転写した
フィルターを作る

これまでの回で、細胞で発現している遺伝子群、つまりメッセンジャーRNA(mRNA)をそのままDNAに写し取る方法、すなわちcDNAライブラリーを作る原理について細かいことをいろいろ説明してきた。ここから先は、いかにしてそのライブラリー(図書館)から、目的の書物を探し出すかについて考えてみよう。

vol.151 cDNAライブラリー

細胞から全部のmRNAを抽出し、逆転写酵素を使って、DNAを作り、そこからcDNAを合成すると、もともと細胞内にあったすべての種類のmRNAは、まるごと安定したcDNAに写し取られることになる。また、mRNAの量的な分布も、そのままcDNAに反映されることになる。

vol.80 小さなネックレス

1匹の大腸菌は薄い膜で取り囲まれたひとつの細胞である。ひとつの細胞でひとつの生命。つまり大腸菌は単細胞生物である。そして子孫をつくるときは雄も雌も必要ではない。ただ細胞分裂して2匹に増えるだけでよい。もういちど分裂すれば4匹、さらに分裂すれば8匹、16匹、32匹……10回分裂を繰り返せばその数は1000を超える。

vol.78 プラスミッド

ちっぽけな大腸菌。体長は数ミクロンしかない。もちろん肉眼では見えない。ふつうの顕微鏡(それはだいたい最高倍率400倍くらいだけれど)でも、大腸菌をはっきり見ることはできない。すきとおった楕円形のつぶつぶにしか見えない。大腸菌をきちんと観察するためには特別な染料で色づけしなければならない。

vol.76 腸内細菌の力

大腸菌は、ちっぽけな単細胞生物である。人間の細胞とは複雑さにおいて大きな隔たりがある。その限りにおいては、しょせん大腸菌、ということができる。しかしその生命力に関していえば、人間の細胞よりもずっと優れている側面がある。つまり、されど大腸菌、である。大腸菌について知るためには、まず私たち人間とこの小さな生命体との関係について語る必要がある。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.