ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.91 ヒトはサルのネオテニー

脳でスイッチがオンになる一群の遺伝子は、チンパンジーよりヒトで、作用のタイミングが遅れる傾向が強い。つまり脳のある部位に関していえば、ヒトはチンパンジーよりもゆっくり大人になる。ヒトはチンパンジーよりも長い期間、子どものままでいる。そういうことになる。

vol.90 ヒトはチンパンジーよりも

ヒトとチンパンジーのゲノムを比較すると98%以上が相同で、ほとんど差がない。では残りの2%足らずの情報の中に、ヒトを特徴づける特別な遺伝子があり、その有無がヒトをチンパンジーとは異なる独自の生物にしているのだろうか。おそらくそうではない。DNA情報におけるこの2%足らずの差というのは、特別の遺伝子を持っているか、いないか、といった質的な差ではない。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.