ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.89 ボディビルディングとキリンの首

環境からの刺激に応答して生物の仕組みが適応的に変化する。あるいは繰り返し入力があることに対して身体の状態がつくり替えられる。これはあたりまえの生命現象である。たとえば、アスレチッククラブに通い詰めて一生懸命トレーニングをすると筋骨隆々になる。

vol.88 ダーウィンの転機

フランスの孤高の生物学者ジャン・ラマルクの著書『動物哲学』が出版されたのは1809年。この同じ年、チャールズ・ダーウィンはイギリスに生まれた。ダーウィンはラマルクを読み、生物の可変性についてラマルクが先駆的な考えを述べたことをきちんと評価した。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.