ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.155 探査針はGPS

さて、いよいよ遺伝子の隠れ家を突き止めるときがきた。少し前の回に書いた千枚漬けの話を思い出していただけるだろうか。直径10センチほどの白いナイロン製の薄い円盤のことを千枚漬けに例えた。わたしたちはこの円盤のことを通常、フィルター、もしくはメンブレンと呼んでいる。

vol.154 アイソトープのラベル

前回は「宝探し」の準備の手順を説明した。今回はその続き。DNAライブラリーに由来するコロニーが固定された“千枚漬け”(円形のナイロンフィルター)を入れたジップロック・パックに、宝物を探査するためのプローブ(短い一本鎖DNA)を混ぜ、パックの入り口をシールして密封する。

vol.153 ナイロンフィルターを
漬け込む

それは一見、千枚漬けの作業工程に似ている。私は京都で学生生活を送ったので、その様子を見たことがあったのだ。京都名産の京野菜である聖護院かぶの皮をむき、薄くそぎ切りにする。直径10センチあまり。それは円形のナイロンフィルターにそっくりだ。それを樽の中に一枚一枚ていねいに並べて敷き込んでいく。

vol.152 コロニーを転写した
フィルターを作る

これまでの回で、細胞で発現している遺伝子群、つまりメッセンジャーRNA(mRNA)をそのままDNAに写し取る方法、すなわちcDNAライブラリーを作る原理について細かいことをいろいろ説明してきた。ここから先は、いかにしてそのライブラリー(図書館)から、目的の書物を探し出すかについて考えてみよう。

vol.126 抗生物質の発見1

抗生物質の発見は、近代医学史上、最大の革命のひとつに数えられる。ペニシリン、ストレプトマイシン、カナマイシンなどの抗生物質は、人類にとって強大な脅威だった感染症──コレラ、赤痢、破傷風、結核、食中毒など──に卓効を示した。医者たちも患者たちもこの夢の新薬に驚喜した。

vol.77 スピードが大腸菌のすべて

近年、DNA解析の方法が進んで、一度に多数のゲノムを高速に解析できるようになった。そしてDNA情報のデータベースも格段に充実してきた。人間の消化管の内容物を採取してそのDNAを解析すると、そこにはヒトの消化管上皮細胞のDNAはもちろん、食べた食物に含まれていた細胞のDNAがまじりあって存在することになる。そして多種多様な腸内細菌のDNAも混在している。

vol.76 腸内細菌の力

大腸菌は、ちっぽけな単細胞生物である。人間の細胞とは複雑さにおいて大きな隔たりがある。その限りにおいては、しょせん大腸菌、ということができる。しかしその生命力に関していえば、人間の細胞よりもずっと優れている側面がある。つまり、されど大腸菌、である。大腸菌について知るためには、まず私たち人間とこの小さな生命体との関係について語る必要がある。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.