ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.92 ウーパールーパーの場合

エピジェネティクスとネオテニー(幼形成熟)についてもう少し考察を進めてみたい。ネオテニーとは、動物がその外見的な形態や行動のパターンに、幼生や幼体の特徴を残したまま、成熟することを指す生物学用語である。ネオテニーは、どのようなしくみで起こるのだろうか。

vol.91 ヒトはサルのネオテニー

脳でスイッチがオンになる一群の遺伝子は、チンパンジーよりヒトで、作用のタイミングが遅れる傾向が強い。つまり脳のある部位に関していえば、ヒトはチンパンジーよりもゆっくり大人になる。ヒトはチンパンジーよりも長い期間、子どものままでいる。そういうことになる。

vol.89 ボディビルディングとキリンの首

環境からの刺激に応答して生物の仕組みが適応的に変化する。あるいは繰り返し入力があることに対して身体の状態がつくり替えられる。これはあたりまえの生命現象である。たとえば、アスレチッククラブに通い詰めて一生懸命トレーニングをすると筋骨隆々になる。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.