ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

さて、いよいよ遺伝子の隠れ家を突き止めるときがきた。少し前の回に書いた千枚漬けの話を思い出していただけるだろうか。直径10センチほどの白いナイロン製の薄い円盤のことを千枚漬けに例えた。わたしたちはこの円盤のことを通常、フィルター、もしくはメンブレンと呼んでいる。

これまでのプロセスをもう一度整理しておくと、次のようになる。

1.特定の細胞(わたしたちの実験の場合は、膵臓の機能しているGP2の遺伝子を調べたかったので、膵臓の外分泌細胞)からm(メッセンジャー)RNAを取り出し、逆転写酵素とDNA合成酵素を使って、c(コンプリメンタリー=相補的)DNAを合成する。cDNAは、その細胞で発現しているすべての遺伝子(mRNA)の写し鏡となる。これを遺伝子ライブラリーと呼ぶ。mRNAと異なり、cDNAは安定で、二重らせん構造をとっているので、複製・増幅できる。

2.膵臓の遺伝子ライブラリーをベクター(cDNAを細胞の中に運搬してくれる核外遺伝子)に組み込む。それを大過剰の大腸菌と混ぜ合わせ、大腸菌体内に取り込ませる。ベクターは一分子一分子ごとに分散し、それぞれ大腸菌の内部に入る。ベクターを取り込んだ大腸菌だけが生き延びるようにした寒天培地の上に、大腸菌液を塗布し、広げる。大腸菌は、寒天培地の上では自走できないので、その場にとどまり増殖を開始する。

3.寒天培地は、丸いシャーレの中につくってある。大腸菌は、体長1ミクロンしかないので肉眼では見えない。しかし、大腸菌が細胞分裂し、菌体数が増えてくると、小さな光る点々となって見えるようになる。これをコロニーと呼ぶ。温度、栄養、酸素の条件がよいと、大腸菌は20分ほどで1回細胞分裂する。それゆえ、寒天培地に大腸菌を塗布し、恒温器の中に一晩入れておいて、次の日の朝、シャーレを光にかざすと、コロニーがまるでプラネタリウムの小さな星々のように無数に見える。やった! ライブラリーはちゃんと大腸菌によって運ばれている。

4.丸いシャーレと同じ直径のナイロンフィルターを用意し、そっとシャーレの表面に重ねる。大腸菌のコロニーはナイロンフィルターに写し取られる。ナイロンフィルターを注意深くシャーレから剥がす。コロニーの一部はナイロンフィルター面に貼り付き、残りはシャーレの表面にとどまる。ナイロンフィルターとシャーレは互いにほかの鏡像となる。シャーレは後日の実験のため、冷温下で保管される(大腸菌は増殖を止めるが、死滅はしない)。

...全文は本誌最新号(2017年6月号)に掲載


福岡 伸一 ふくおか・しんいち
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。

オフィシャルブログ
http://fukuoka-hakase.cocolog-nifty.com/

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.