ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

広域がれき処理のこと、みんなで考えよう Part2

3.11メモリアルプロジェクト(のこすプロジェクト)

津波の被害を受けがれきとなってしまった公共物(道路標識など)を残すプロジェクトです。6/16に、宮城県仙台市との協働事業となり本格的にリサーチと震災がれきの収集を開始しました。これまでに、横浜トリエンナーレ特別連携企画『BankART 「新・港村」』や、光州デザインビエンナーレ、3331 Arts Chiyodaなどで展示。

その後ソウル、台湾、名古屋の文化施設等でも展覧会を開催しており、3.11が我々に与えた衝撃や影響について考えるきっかけを与えています。

一般社団法人MMIX Lab
http://mmix.org/

森の長城プロジェクト

青森県から福島県に及ぶ太平洋岸に、がれきを活かして盛土を築き、その上に土地本来の木のシイ・タブ・カシといった森を育て、巨大津波から命を守る森の防潮堤を築くことを目指しているプロジェクト。

目標総延長は300km。幅は30~100m、高さ10~15mの残土とがれきを利用したマウンドを築き、森の礎となる、ポット苗の生産体制を確立し、被災地域の経済的復興にも役立てられます。

森の長城プロジェクト
http://greatforestwall.com/

バックナンバー
  • 熊野から日本再生を祈る
  • 花と音楽で、がれきが再生と希望のシンボルに
  • がれきに花をさかせましょう!
  • 御神木が見守る子どもたち、新しい町
  • 岩手県、宮城県の震災がれきを日本全体で処理しよう!
  • 想いをつなぎ、伝えるがれき
  • あなたも応援できるがれき処理!
  • 震災がれきのこと、みんなで考えよう
  • がれきがなくなって、復興が始まります
  • 広域がれき処理のこと、みんなで考えよう Part2
  • あさひ幼稚園のいま。
  • 想いをつなぎ、伝えるがれき

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.