ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

熊野から日本再生を祈る

がれきをなくし、復興のスタート地点に

 東北には、まだ大量のがれきが残っていることは私も知っていますが、数字や写真、映像で知っているだけで、多くの人にとって、リアリティがないのかもしれません。これからは衛生面でも問題が起きる可能性が増えますし、広い場所を占有しています。自分の身近にあったら大変なことなのに、人ごとになってしまっていますね。

 これを少しでも早く処理するには、いかに多くの自治体ががれきを受入れるかにかかっているのではないでしょうか。私も、自分のふるさとの自治体がどんな対応をしているのか気になることがあります。

 がれきがそこにあるうちは物理的にも、精神的にも、復興の妨げであり続けると思います。多くの人が協力して、すこしでも早く処理し、(復興の)スタート地点に立てることを願っています。

草野満代
くさの・みつよ●岐阜県生まれ。津田塾大学卒業。89年NHK入局、ニュース、情報、スポーツなどの番組でキャスター、司会を務める。97年退局。同年秋から「筑紫哲也NEWS23」のキャスターに。現在は、フリーアナウンサーとして活躍。環境省地球いきもの応援団のメンバー、国際森林年国内委員会委員なども歴任。

すべては、他人事じゃなく、自分のことなんだ

 被災地に、どれだけがれきがあるか、僕は知っている。そのがれきの山を一緒に作っていたからだ。がれきを燃やすと放射能が出るからと、みんな勘違いをしていて受入れたくないんだろうけど、ちょっと調べたらすぐわかるよ、燃やしても大丈夫だと。知らないから、不安になるのだ。

 なんで、わざわざ被災地以外の場所にもって行くかというと、みんなが思ってる以上にとてつもない量だから。被災地だけじゃ無理なのね。

 僕は、この問題も含めて「みんながひとつ」って考え方、大事だと思うよ。すべては、他人事じゃなく、自分のことなんだ。

 自分がなにを話すか、行動するかで世界は、変わると思う。自分とは関係ないよって思っていたら、みんなもあなたのこと関係ないよになるし、親身になったら親身にされるさ。僕は、親身にしたいよ。

 あなたは、どうするかな。

のぶみ
のぶみ●1978年東京都生まれ。絵本作家。NHK「みいつけた!」でアニメ「おててえほん」を、同「おかあさんといっしょ」で、歌「ブラブラせいじん」「おしりフリフリ」などの作詞・イラストを担当。絵本に『しんかんくん』シリーズ、『ぼく、仮面ライダーになる!』など。これまでに出した絵本は120冊を超える。

がれきについて情報発信!

『エコジン』

「エコロジー+人」、「エコロジー+マガジン」の『エコジン』。環境のことを考える人が一人でも多くなることを目指す、環境省発信のエコ・マガジン(電子ブック)だ。最新の環境行政情報や、企業や個人の方々の環境問題に対する先進的な取り組みなどを紹介しているが、最新号(8月1日発行号)の特集は「震災がれき」。広域処理に関するさまざまな動きを紹介しているので、こちらもチェック!
www.env.go.jp/guide/info/ecojin

バックナンバー
  • 熊野から日本再生を祈る
  • 花と音楽で、がれきが再生と希望のシンボルに
  • がれきに花をさかせましょう!
  • 御神木が見守る子どもたち、新しい町
  • 岩手県、宮城県の震災がれきを日本全体で処理しよう!
  • 想いをつなぎ、伝えるがれき
  • あなたも応援できるがれき処理!
  • 震災がれきのこと、みんなで考えよう
  • がれきがなくなって、復興が始まります
  • 広域がれき処理のこと、みんなで考えよう Part2
  • あさひ幼稚園のいま。
  • 想いをつなぎ、伝えるがれき

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.