ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

あなたも応援できるがれき処理!

浜のミサンガ 環(たまき)

プロジェクトチームの指導と協力のもと、倉庫に眠っていた漁網と麻ひもを使って、岩手県三陸沿岸部に暮らす浜のお母さんたちがつくる。販売代金から諸経費をのぞいた576円がお母さんたちの賃金になる。

■三陸に仕事を!プロジェクト事務局
http://www.sanriku-shigoto-project.com/

松の木通行手形

「松の木プロジェクト」では、陸前高田市の津波で倒れた木を活用したさまざまな製品をつくる。同時に、その組み立て作業などを通じて、仮設住宅の居住者や一人暮らしをする高齢者のコミュニケーションづくりを支援している。

■AID TAKATA
tel. 03-5319-2124
http://www.aidtakata.org/passing_note

瓦Re : KEYHOLDER(ガレキーホルダー)

がれきの中から集められたカラフルなプラスチック製のバケツやザルなどの日用品が、個性豊かな形のキーホルダーに生まれ変わった。その売り上げは、一つひとつ手作業でつくる岩手県陸前高田市の主婦や福祉作業所で働く人々の収入になる。

■HAND MADE
tel. 011-888-1122 http://www.11shokunin.com

WA × merci A medal of solidarity

パリのセレクトショップ「merci」の協力を得て誕生した、流されて壊れてしまった家の瓦に使われていた地元の黒い雄勝石をあしらったアクセサリー。売り上げは、宮城県石巻市雄勝町船越地区の復興活動を行う、その名も「船越レディース」の活動資金に充てられる。

■WA
http://wa-ogatsu.jp

オクトパス君 木製ピンバッジ

名産であるタコをモチーフにした南三陸町のキャラクター「オクトパス君」がバッジで登場。町内の震災被害木(津波をかぶってしまった木材)を有効活用してつくられた。

■南三陸復興ダコの会
tel. 0226-46-5153 http://www.ms-octopus.jp

震災被害木を使った卓上ガーデンプランター

宮城県南三陸町に流れ着いた杉を再利用したもの。このプランターで緑を増やして、「みんなの力で広域がれき処理を進めよう」という思いが込められている。職を失った南三陸町の人々が封入・梱包を行うなど、彼らの雇用支援にもつながっている。

■みんなの力でがれき処理 プロダクツ販売事務局
tel. 03-3543-6675

funade bracelet

船主から譲り受けた約300枚の大漁旗と、崩壊した建物にあった段ボール5個分の大漁旗を使ったグッズのひとつ。町の復興と漁業再生の願いを込めて、「結日丸」(むすびまる)というボランティアチームと共に、宮城県石巻市のお母さんたちが手編みで制作している。

■結日丸
tel. 080-6536-1300 http://wasshoy-style.jp

環一筆箋(めぐるいっぴつせん)

企画・PR・デザインの分野を通じて、震災復興支援活動を行う「TOMODACHI DESIGN実行委員会」によるプロジェクト。宮城県沿岸部の倒れた木をチップ状に加工し、福島県の上川崎和紙、岩手県の東山和紙、成島和紙に入れ、手漉き作業で仕上げている。

■ジャプリ
tel. 022-213-5001
http://www.tomodachi-design.com/

バックナンバー
  • 熊野から日本再生を祈る
  • 花と音楽で、がれきが再生と希望のシンボルに
  • がれきに花をさかせましょう!
  • 御神木が見守る子どもたち、新しい町
  • 岩手県、宮城県の震災がれきを日本全体で処理しよう!
  • 想いをつなぎ、伝えるがれき
  • あなたも応援できるがれき処理!
  • 震災がれきのこと、みんなで考えよう
  • がれきがなくなって、復興が始まります
  • 広域がれき処理のこと、みんなで考えよう Part2
  • あさひ幼稚園のいま。
  • 想いをつなぎ、伝えるがれき

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.