ソトコト ロハスピープルのための快適生活マガジン

東北の力を学ぶスタディ・バスツアー

震災から1年、東北の「今」を知ることができるバスツアーです。
津波にのまれた被災体験や、これから未来に向けたまちづくりへの思い、
ソーシャルファンドを使った新たな経営再建のお話などを東北の方々から直接聞き、
三陸の豊かな海の幸を楽しむ。
さらに、ボランティア体験ができ、陸中海岸国立公園の名勝・浄土ヶ浜の遊覧船にも乗れるツアー。
東北に学び、東北を楽しむことも、一つの支援です。
4月14日(土)〜15日(日)の1泊2日。ぜひご参加ください!

リアルに被災地を感じ、
地元の復興にがんばる人びとから話を聞いてみませんか?
東北の力を学ぶスタディ・バスツアー

ソトコト4月号の特集記事「減災のための3.11学/東北の力に学ぶ、スタディツアー」から生まれた、バスツアーです。

記事で登場する被災地を巡り、インタビューで登場する方々に会って、話を直接聞いてもらう。ソトコト誌面を立体的に体験でき、被災地をリアルに感じていただこうというコンセプトで、「東北復興新聞」を発行するNPO法人HUGと、震災後、いち早く被災地内でバスを走らせた岩手県北バス(岩手県北観光)といっしょにつくったツアーです。

海の幸の料理がおいしい釜石の「宝来館」に泊まって女将の話を聞き、ボランティア体験ができます。また、ソーシャルファンドを使って経営再建を果たした気仙沼の水産加工会社「斉吉商店」の話も聞けるほか、名勝・浄土ヶ浜での遊覧船乗船(ここでも被災体験を聞きます)、市場では三陸の海産物の買い物が楽しめます。

東北に行くことが、被災地の復興支援にもつながります。東北の人びとは今、「とにかく来て、見てほしい」と言います。その意味を、このツアーで体験してみてください。

日程 2012年4月14日(土)〜15日(日)1泊2日
旅行代金 2万5800円
(添乗員同行、食事条件:朝1・昼1・夕1)
募集人数 40名(最少催行人数25名)
申し込み締め切り 4月1日(日)
※先着順で定員になり次第、締め切り
旅行企画実施 (株)岩手県北観光
申し込み・
問い合わせ
岩手県北観光 東京支店 Tel.03-3213-0011
申し込みはこちらからでもできます。
 

旅行行程

4月14日(土)
10:30
JR盛岡駅西口集合
12:40−13:30
宮古魚菜市場(宮古の台所で各自昼食とお買物)
13:50−14:20
宮古市田老の堤防跡(歴史に刻まれた津波跡を見学)
14:40−15:40
浄土ヶ浜観光遊覧船(震災にも変わらなかった自然美を堪能)
17:10
釜石『宝来館』(女将から聞く震災の話、未来の話)
宝来館で夕食、宿泊(4名定員の相部屋になります)
4月15日(日)
朝−10:30
宝来館周辺でボランティア体験
12:30−13:30
気仙沼『海の市』(昼食とお買物)
13:45−15:00
気仙沼『斉吉商店』(斉藤さんに聞く立ち上がる事業者のお話)
16:30
JR一関駅解散
盛岡までの行き方(東京からの例)

<新幹線>
7:32東京発こまち・はやて15号で盛岡9:59着

<夜行バス>
BEAM1(岩手県北バス・京急バス)http://bit.ly/GGCz1u 7,850円
(京急高速バス座席センター TEL:03-3743-0022(受付時間 9:00-18:30))
(その他、複数社のツアーバスの運行があります)

バス到着後のシャワー等は盛岡駅前の「グランドサウナ盛岡」(男性専用)(019-654-8755)、盛岡駅前から岩手県交通の川久保線で盛岡駅を7:10発、小鷹橋バス停下車の「喜盛の湯」(男女有り)(019-656-5118)(10時半には戻れるようよろしくお願いします。)にお問合せください。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについては、お申し込み先の岩手県北観光にてご確認ください。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, inc. ALL rights reserved.